私の青いけし22

12年間に渡り、中国奥地やチベットなどに出向いて、この目で確かめてきた青いけしについてまとめています。
青いけし、メコノプシスの解説ではありません。
何十年もあこがれ続けてやっと出会った私の青いけしへの想いです。
おつきあいくださればうれしいです。


↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb



メコノプシス・パニクラータ

背丈が2mにもなって花をたくさん咲かせる。
茎は太い。
ちょっとタチアオイを思わせる。
黄色い花だがちょっとくすんでいる。
う〜ん、彼女には悪いけど青いけし追っかけの琴線に触れる花ではない。
ネパールなどではどのメコノプシスよりも多く目につくとある(ヒマラヤの青いケシ・大場秀章著より)が、11回目に訪れたブータンで初対面だった。
トレッキング基地のハに向う途中の道ばたに咲いていた。
標高は3,000m以上はあったと思う。
花は数輪咲いていたが、花びらが傷んで哀れな姿をさらしていた。
テント泊しながらのトレッキング中にも見た。
標高が高かったせいか、咲き始めだったせいか、美しい姿を見せてくれた。
開花した花は3個だったがつぼみは数10個はあるだろう。
長い期間楽しめる花だ。
谷を下った場所には数本が群れていたが、疲れた体にむち打つほどの魅力はなかった。
パニクラータに罪はないが、好き嫌いはどうしようもない。

f0115214_14235771.jpg

f0115214_14234437.jpg

f0115214_14232883.jpg

[PR]
by aoikesi | 2011-08-30 14:25 | ブータン | Comments(0)