雲南省ブルーポピーの旅☆☆☆☆

老君山を下る朝はガスに覆われて見通しが利かず、ほとんどフラワーウオッチングをせずに麗江につきました。(一ヶ所、写真を撮った場所がありますが、その花はいずれまた)
麗江のホテルや世界遺産に登録されている四方街は↓にupします。


7月3日、中甸(シャングリラ)へ。
シャングリラが近づくとそこかしこが花だらけ。
アヤメ、シオガマギク、サクラソウ、ゲンゲ・・・などなど、桃源郷そのものです。
が、ありきたりの花には目も向けず我々を乗せたバスはシーカー雪山のケーブル乗り場へ。
4300mの山頂付近まで標高差900m近くをケーブルカーで40分かけてゆっくり登りました。
前の晩によく眠れたので、この日は体調は万全。2000mを歩くような気分でした。
これからはお借りしたキャノンEOSkissで撮った写真です。


メコノプシス・プセウドべヌスタ

f0115214_14441217.jpg

f0115214_14443860.jpg


花つきのいいメコノプシス・プセウドべヌスタとパラクレイギア
f0115214_1445434.jpg


メコノプシス・ルディス
f0115214_14452420.jpg


マメ科
f0115214_14483349.jpg


岩山を彩っているマメ科の黄色
f0115214_1449588.jpg


雪蓮
f0115214_14493220.jpg


シーカー雪山山頂
f0115214_1449548.jpg


現地ガイド
「松井君」と呼ばれていました。
陽気で明るくて愛すべき青年でした。


f0115214_1453436.jpg

[PR]
by aoikesi | 2008-07-12 14:54 | 中国雲南省 | Comments(4)
Commented by tenpousen6 at 2008-07-12 20:26
ご無沙汰してました、いつもながら珍しい花を見せていただきありがとうございました。松井君に納得です。
Commented by aoikesi at 2008-07-13 08:24
tenpousenさんへ
ありがとうございます。
私も時々おじゃましていますが、コメント残していないです。
Commented by kei1709 at 2008-07-13 09:53 x
今回のお花は特段華やかに見えます。
寒がりの私は寒くて過酷なこういう場所へ行けそうにありません。
でも出向いたからこそのご褒美でこんな素敵な花々に出会えるのですよね。
松井君、私も納得です。(笑)
Commented by aoikesi at 2008-07-13 10:31
keiさんへ
特に3枚目、華やかでしょ。
寒いっていっても薄いセーターと上着があれば大丈夫ですよ。
苦労したご褒美・・・と私も思っています。はい。

松井君、似てるでしょ。
バスに乗った我々を入り口から眺めて
「1,2,3・・・ハイシュッパツシマショ!」
っていつも笑わせてくれました。