雲南省青いけしの旅08ー1

今年行ってきた雲南省青いけしの旅を記録のために順を追って書いていこうと思います。
しばらくかかりますが、どうか最後までおつきあいいただければうれしいです。




2001年7月に訪れた雲南省・老君山で変わったメコノプシスを見ました。まだ青いけしの旅をはじめて3年目、メコノプシスの種類もあまり見ていない時期でした。

藤色の4枚のとがった花びらの青いけしはバスで山荘に行く途中の崖で。

虹色(ブルーとピンクのグラデーション)青いけしは老君山散策路の沢沿いで。

この2種が同じものだとは思えないような違った形をしていました。
4年目からツアー会社を変えました。
青いけしにくわしいガイド同行が魅力でした。
写真をお見せすると、どうもベトニキフォリアらしいということです。
2005年、ヒマラヤ植物大図鑑を出版された写真家の吉田外司夫氏ガイドの東チベット青いけしツアーに参加しました。彼もベトニキフォリアでしょうとのこと。雲南省のベトニキフォリアはチベットのそれより発見が早く、意味のあるものだということでした。
ツアー会社にぜひ老君山をツアーに組み入れるようにお願いしていました。
2007年、それが実現したのですが私の都合がどうしてもつかなくて涙をのみました。
今年2008年6月6日出発のツアーが再びカタログに載りました。
早速申し込んだものの、参加者が集まらなくてキャンセルになっていまいました。
チベット騒動が影響したのか。
そして、四川大地震。
一番人気だった四姑娘山麓への道路が完全に破壊されてしまったのです。
これが幸いして(不謹慎ですね)6月29日出発、雲南省青いけしの旅が再開されました。

山荘に行く途中の崖で写した先がとがった4枚の花びらの・・・
2001年7月20日撮影
f0115214_1391512.jpg

                    
老君山散策路の沢沿いに咲いてた虹色ブルーポピー
2001年7月20日撮影
f0115214_13102666.jpg

                    

この2種はちょっと見ただけではやはり同じ種類のケシだとは思えませんね。

今回はこの2種を確かめる旅となりました。

果たして・・・。
[PR]
by aoikesi | 2008-07-19 13:19 | 中国雲南省 | Comments(6)
Commented by howdygoto2 at 2008-07-19 23:19
こんばんは。
雨に打たれたケシの花、うなだれた感じで寂しそうですね。
でも強く生きているんでしょうね。
PS:D300買われたんですね、おめでとうございます。
Commented by aoikesi at 2008-07-20 08:06
gotoさんへ
おはようございます。
雨に打たれるケシのように、壊れてもめげずに新しいカメラに挑戦です。壊れたおかげで踏ん切りがついたというべきでしょうか。
Commented by えいえっち at 2008-07-20 21:15 x
雲南の「青いケシ」楽しみにしています。
’8.07.雲南の「青いケシ」拝見しました。素晴らしいカメラワーク楽しみです。
Commented by aoikesi at 2008-07-21 08:22
えいえっちさんへ
ありがとうございます。
エールをいただけると続ける張り合いがあります。
また見てくださいね。
Commented by やまそだち at 2008-07-23 19:22 x
写真の整理は一応終わりましたが,名前調べまで手がまわりません。
観察リスト待ちの状態です。
aoikesiさんの記録楽しみにしています。
Commented by aoikesi at 2008-07-23 19:30
やまそだちさん
観察リストはしばらくおくれるでしょうね。
私も分かる範囲でupしてゆきます。