「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:M・スペキオサ( 2 )

12年間に渡り、中国奥地やチベットなどに出向いて、この目で確かめてきた青いけしについてまとめています。
青いけし、メコノプシスの解説ではありません。
何十年もあこがれ続けてやっと出会った私の青いけしへの想いです。
おつきあいくださればうれしいです。


↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb


M・プライニアナと同じ峠に咲いていた。
05年に東チベットを訪れたとき、2kmほど歩いた先に咲いていたが、高山病で途中でリタイアした私は見ることが出来なかった。
再びの06年は体調すこぶる万全で、峠を最後まで登りきった。
メコノプシス・スペキオサは歩いている途中、何ヶ所でも見られた。
メコノプシスのなかで、数少ない匂いのする種だ。
かすかに甘い匂いがしたが、感動するほどの匂いではなかった。
草丈は10cmにも満たない小ぶりのものから30cmほどにのばしたものまでさまざま。
お椀型をした水色の花がやさしい。
同じ水色でも前回のM・プライニアナの色とは少し違う。
甘さのある水色とでもいえばいいのか。
まだ母親に甘えたい少女のようにも見えた。
スペキオサとは「美形の」という意味とか(「ヒマラヤの青いケシより)
美しく整った姿はいつまで見ていても飽きない。

もし、この峠を三度訪れることがあるとしたら、一番にこの花に会いたい
f0115214_1421366.jpg

f0115214_14212113.jpg

[PR]
メコノプシス・スペキオサ


2005年6月に東チベットを訪れたとき、苦手なテント泊で眠れず最悪な体調だったために見そこねた青いけしがあります。
私以外の参加者全員が見てきたけしです。
それがメコノプシス・スペキオサです。
標高4600mのセチラ峠で500mほど歩いた先に咲いているはずでした。

2006年7月、再び同じツアー(テント泊なし)に参加しました。
今回は2800mの地にあるパーイーのホテルに宿泊しての観察です。
7月8日、睡眠も十分、気分晴れやかに歩き出しました。
標高4600mは決して楽なハイキングではありませんが、次々と現れる花たちに足取りも早くなります。歩き出してまもなく目的のメコノプシス・スペキオサは淡いブルーの姿を見せてくれました。去年より2週間ほど遅い時期ですが、青いけしは1株に複数の花を咲かせるので比較的長い期間に渡って見ることができます。
この日も咲き出したばかりの株、実を付けている株など多数の株に出会いました。
淡いブルーが愛らしく、そしてかすかな甘い匂いのあるけしです。
高さ10cm〜50cmほどの高さになる茎に1個の花を咲かせます。
花の大きさは7、8cm。
葉にはアザミのような切れ込みがあります。
メコノプシス・アキレアータに似ていますが、違いのひとつは褐色の剛毛がある(ヒマラヤの青いけし、大場秀章著、より)ということです。


2006年7月8日撮影
セチラ峠、標高4600m



f0115214_1712556.jpg

f0115214_17131459.jpg

f0115214_1713332.jpg

f0115214_17135041.jpg

f0115214_1714711.jpg

[PR]