カテゴリ:M・ホリドゥラ( 1 )

メコノプシス・フォリドゥラ

青いけしの代表は何と言ってもこれ。
鋭いトゲに守られた透き通るようなブルーの花びら。
メコノプシス・フォリドゥラのブルーは秋空の澄んだ青色。きりりと引き締まって頼もしささえ感じる青い色です。
もう一つの魅力は環境によって微妙に色を変えること。
(これはメコノプシス・フォリドゥラに限ったことではありませんが)
ブルーから紅紫色まで美しいカラーバリエーションを楽しませてくれます。
トゲの鋭さもメコノプシス類の中でピカイチ。
うっかりさわったものならヒーヒーとした痛さに飛び上がってしまいます。
4100m以上の岩場やガレ場という劣悪な環境の高山で生き延びるための知恵でもあるのでしょう。
鋭いトゲは吹き付ける強風に耐えながら少ない水分を取り込む役目を。
澄んだブルーの花びら、金色の雌しべ雄しべは少ない昆虫をおびき寄せるため。
青いけしの多くは一回稔生、すなわち花が咲けば枯れてしまうということです。
メコノプシス・フォリドゥラもそう。
芽が出てから何年で花が咲くかは分かりませんが、より困難な生き方を選んでしまった彼ら。
新記録を達成するために苦しいトレーニングを重ねるスポーツ選手やより高い山を征服する登山家、、、。彼らには栄誉という輝かしい勲章が与えられます。
地球の一員として孤高な一生を送るメコノプシス・フォリドゥラ。彼らの勲章は何なんでしょう。
日本で栽培することは不可能なこの花を見るために、チベットや中国の奥地に足を運ぶ理由はこのあたりにあるのかも。


2006年7月7日、東チベットミーラー峠5020m
強い風に耐えて咲いていた。(高さ10cm、花の大きさ7、8cm)

f0115214_10465173.jpg

やっと開いたばかりで花びらが伸びきっていない
f0115214_10471077.jpg


2002年7月14日、青海省アムネマチン山麓4300m
高さ10〜18cm、花の大きさ7、8cm
f0115214_1053686.jpg

お花畑の中でも目立つ存在
f0115214_10532540.jpg

点々と咲いている
f0115214_10534291.jpg

f0115214_1054897.jpg


2007年7月27日青海省バヤンカラ峠4800m
f0115214_10591181.jpg

f0115214_10593115.jpg

この年は青いけしの不作の年と思われる
f0115214_10594765.jpg

つぼみもかわいい
f0115214_110518.jpg

透ける花びらから金色の蕊を
f0115214_1124678.jpg

小さな固体
f0115214_114485.jpg

青いけしは花糸まで真っ青
f0115214_1144718.jpg

f0115214_115269.jpg

紅紫色の、、、
f0115214_11955.jpg

[PR]