<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

昨日行われた長野での聖火リレーはやはり・・・という結果でした。
妨害が起き、それを力で押さえつける。
北京オリンピック聖火リレーのパターンになってしまいました。
漢民族にとって聖火を妨害する人はすべて悪魔とでも思っているのでしょう。
赤い人たちが一丸になって主義主張だけをがなりたてています。
根っこにある人権問題など関係な〜い!という態度です。

こうなったら聖火リレーをつつがなく終えて、オリンピックを気持ちよく成功させたいものです。オリンピックに参加する選手たちには何も関係ないのですから。
オリンピック終了後に全世界が声をそろえて、先進国に仲間入りした大国の責任を追及すればいいのです。
チベット人やウイグル人に自治権を認めること。
ダライラマ14世をポタラ宮に迎え入れること。
そしてあの見事な団結力で環境問題に取り組んでほしいものです。

ダライラマ側の代表と話し合いをすると、中国政府が表明しました。
よい方向にいくことを期待しています。


チベット自治区を訪れたときに写した青いけし
メコノプシス・ベトニキフォリア
(何度も登場しているので見飽きたという方、ごめんなさい)

f0115214_9551321.jpg


f0115214_9562327.jpg


f0115214_9583743.jpg

[PR]
チベット騒動に端を発した聖火リレーへの影響は日本にも及んできました。
チベット人の人権問題がどんどんエスカレートして、現在は独り歩きをしている感があります。

1949年、新生中華人民共和国がチベットを自国の一部と宣言、1951年にラサに解放軍を進駐させたことから中国支配が強化されていきました。
1959年にラサで大暴動が起こり、このときダライラマがインドに亡命。
さらに1966年からの文化大革命がチベットにも大きな爪痕を残しました。
この期間での武力弾圧の結果、十数万人のチベット難民が発生したといいます。
(図書館から借りてきた本でのにわか仕込みです)
以上はチベット人にとって残酷な歴史の一部です。

私が訪れるチベット自治区は人もまばらな山の中がほとんどです。
遊牧民のテント生活のほとんどは緑のある穏やかな地域です。
チベット人の人権が無視されているような、悲惨な現場を目にすることもありません。

2006年に訪れたチベット、ラサから八一鎮(解放軍ラサ進駐記念に作られた振興都市)へ行く途中の車窓から写した住宅群。
遊牧民の定住化のために作られた住宅とか。
果たして文化住宅に入った遊牧民は幸せなのか。
f0115214_15124412.jpg


八一鎮からさらに東へ進むと現れるトンパチェ村(イギリスのプラントハンター、キングドン・ウオードが滞在した)
この人たちには現在の悲劇が伝わっているのか
f0115214_151871.jpg

f0115214_15182029.jpg

f0115214_15183468.jpg


ダライラマが日本を訪れた際
「どうかチベットに行って彼らがどんな状況に置かれているかその目で見てきてください」とおっしゃっていました。
2度もチベットを訪れながら、チベット人の苦悩に触れる機会はありませんでした。
チベット人ガイドが無口だったのは言語統制?
これは思い過ごしでしょう。
去年訪れた青海省で見たおもらいさんたちは、定住化させられた遊牧民の姿だったと後に聞かされ、怒りが込み上げてきたものです。
[PR]
仙台でのチベット緊急報告会に出席してきました。
マスコミの取材が多かったので、何かしらで目にされた方も多いと思います。
主催はチベットサポート仙台(チべせん)

ラサの現地報告やチベット問題の概説や背景、モンゴル民主活動家の報告などを聞いてきました。

最近は聖火リレー妨害など過激な活動ばかりが目立ちます。
しかし、チベットを愛する人たちの願いは
「独自の文化と歴史を持つ国を消えさせてはいけない」
ということなのです。
けっしてオリンピックを阻止しようとか、デモをあおろうとかいう考えはないことを分かってほしいと思います。
それにしても中国のかたくなな態度は理解できません。

遅れて行き、バス時間の都合で途中で抜け出してきてしまいました。
不真面目な参加で申し訳なかったと思っています。
後日、もう少しくわしく報告します。


チべせんの報告
f0115214_15471652.jpg


チベットの子供たちが描いた絵
f0115214_15473036.jpg

[PR]
チベット騒乱は聖火リレーにも影響しているようです。
昨日はウイグルでも妨害がありました。
ウイグル人もまた漢族から虐げられてきた人たちです。
このことは宮本輝氏の「ひとたびはポプラに臥す」講談社
に触れられています。

昨日の朝日新聞に
開会式排斥はかえってチベットの人たちを追い込む、という投書が載っていました。
中国は誇りを重んじる国だから、オリンピック成功後に
「先進国の仲間入りしたのだから人権問題を解決しないのはふさわしくない」
と働きかけるべきであると・・・・!

聖火リレー阻止があっても、「順調にリレーが進んでいる」
と平然とニュースを流す国ですから、投書のような姿勢で当たるのもひとつの方法かと思いました。



東チベットで出会ったチベット族の子供たち
はにかんだ笑顔がすてき。
彼らにどんな未来があるのだろうか。

f0115214_1111112.jpg


ヒツジを追っていた

f0115214_1113581.jpg


黄河源流での一コマ
夏なのに雪が降った!

f0115214_1151369.jpg


タルチョの下に積み上げられたマニ石

f0115214_1153140.jpg


石のひとつひとつにお経が掘られている
このチベット語も禁止された時代があったとか

f0115214_1154669.jpg

[PR]