「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ブータンの山奥に咲く純白の青いけし、メコノプシス・スペルバに出会う旅
2,009年6月17日〜26日
4日のテント泊を含め、緑濃い山奥で出会った花の数々を中心に綴った旅行記です。
長いおはなしになるかと思いますが、最後までおつきあいいただければうれしいです。

↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb





楽しい夕食、と言いたいところですが朝、昼、夜とも似たような食事が続きます。
馬で運んできた食料しかないのですから贅沢は言えませんね。
食後はその日に見た花の講義です。
吉田斗司夫先生の記憶力は驚異的!
どんな花でも学名のラテン語で教えてくださいます。
例えば、サングイソルバ・フィリフォルミス(ワレモコウの仲間)とかカルタ・スカポサ(リュウキンカ)・・・というふうに。
もっとすごいことはそれをスペルですらすらと書いてしまうこと。
脳の構造がどうなっているのか、分解してのぞいてみたい気分でした。オ〜コワッ・・・
薄暗くなるとテントレストランのガスランプに灯がともって山奥の一夜の雰囲気は最高潮です。
外に出ると西?の空はきれいな夕焼け。
真ん丸虹の雨予兆は当てにならないんじゃない、とか言いながら夫々のテントに引き上げました。
・・・その夜中のこと。
うとうとまどろんだ頃、ゴリッゴリッという馬の草を食む音で目が覚めました。
まるでテントをかじられているかのようにすぐそばで音がします。
ガランガランと響き渡るような大きな鈴の音も・・・。
やつらは寝る気などまるで無いかのようにほとんど一晩中動いていました。
一番外側にあった私のテントだけかと思ったら、みなさん同じように目にあったということでした。


赤米、じゃがいもなどのチーズ煮や青菜の炒め物など
見た目にもおいしそうですが・・・
f0115214_122321.jpg




テントレストラン内
暗くなるとガスランプに灯がともる
f0115214_12369.jpg




真ん丸虹の予兆などカケラも感じられない夕焼け
・・・やっぱり朝方には雨が降った
f0115214_1235592.jpg

[PR]
ブータンの山奥に咲く純白の青いけし、メコノプシス・スペルバに出会う旅
2,009年6月17日〜26日
4日のテント泊を含め、緑濃い山奥で出会った花の数々を中心に綴った旅行記です。
長いおはなしになるかと思いますが、最後までおつきあいいただければうれしいです。

↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb



おやつのあと、夕食までは自由時間。
テントのまわりは花畑です。
湿地の縁はサクラソウ、シッキメンシスが黄色い帯状に咲いています。
湿地の中にはリュウキンカの仲間や白いワレモコウの仲間。
林の縁にはリンドウの仲間のメガコドンが我が物顔で大きな花を咲かせているし、驚いたことに青いけし、シンプリキフォリアも咲いています。
青いけしは乾燥地や水はけのいい地に咲くものですが、ここでは湿っぽい草地の中を居場所にしていました。
ガフッガフッガフッ・・・。
異様な音があちこちから・・・。
音の先には馬同士が愛しあい、ささやきあっているような光景が見られるではありませんか。
よく見ると愛の行動ではなく、馬たちのすばらしい知恵の行動でした。
それはこういうことです。
毛が抜けたり虫に刺されたりと、痒いところがあっても体形上自分ではかけないですね。
そこで相手の体を使って痒いところを口でかいて知らせているようなのです。
すると相手の馬は同じ場所をかいてくれるというわけです。
賢いですねえ。
この行動はほとんどが雄同士で行っていました。
雌だって痒いはずなのに・・・。
雌はきっとガマン強いのだ。


湿地の縁を彩るサクラソウのシッキメンシス
f0115214_11125341.jpg



白はワレモコウの仲間、黄色はリュウキンカ
f0115214_1113348.jpg



タネツケバナの仲間
f0115214_1114231.jpg



この沢の水が我々の命の水
f0115214_11145175.jpg



テンナンショウの仲間
f0115214_11151647.jpg



熱々のふたり(2頭)・・・?
f0115214_1115371.jpg



・・・ではなくてお互いに痒いところをかきあっているらしい
ちなみに雄同士です
f0115214_11155641.jpg

[PR]
ブータンの山奥に咲く純白の青いけし、メコノプシス・スペルバに出会う旅
2,009年6月17日〜26日
4日のテント泊を含め、緑濃い山奥で出会った花の数々を中心に綴った旅行記です。
長いおはなしになるかと思いますが、最後までおつきあいいただければうれしいです。

↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ
(海外旅行ランキングに登録しているのに、写真ランキングにジャンプすることがありますのでその時は再度クリックをお願いします)

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb



気を取り直してまた強い日差しの中を歩き出しました。
30分ほど歩いたら「ランチタ〜イム」ということに。
朝のうちに準備してきたのか、ご飯や魚とトマトの煮物、アスパラの塩ゆで、ゼンマイ煮などが配られます。
食欲旺盛とはいかず、ご飯とアスパラを少し食べました。
我々が食事をしているときはポーターやスタッフは給仕などの世話をしているので、彼らの食事はその後になります。
食べ盛りの若いポーターの皿にはびっくりするほどのご飯が山盛りで、ご飯の量にしては少ないおかずを混ぜながらインド式に手で食べていました。
ポーターたちの食事が終わるのを待っているとき、雲の間から雪をかぶった山が見えました。
6,000m級の山ではないかということです。名前は?分かりませぬ。
この時期、頭上からは強烈な日差しが降り注いでも、遠くの山はほとんど雲に隠れていました。

車で移動していたときに気になっていたシダがあります。
シダは普通、胞子葉がある場合、葉の部分とは独立しているものです。
それが1本の葉の中間に胞子葉がついているシダでした。
そのシダが休憩している場所のまわりに群生していたのです。
シダは地味で相当マニアックな植物なので手を出す気になりませんが、テイシュが調べています。
外国はいかないと言って留守番しているテイシュのお土産に写真を撮りました。

メモによるとこの後テント場まで1時間半ほど歩いたことになっています。
「昼食後の行程がきつかった」とも。
2月ほど経った今、記憶をたどってもどんな道だったのか、どれだけきつかったのかほとんど思い出せません。
記憶から飛んでしまうほどきつかったということ?

ツォカム・干上がった湖という意味の第1テント場にはすでにテントが張られていました。
割り当てられたテントは一番奥、トイレの近く。
何度もトイレに行くことになると思うので(高山病予防に水を大量に飲むため)近いほうが楽です。
馬の背にあった荷物やザック、貸し寝袋はポーターがテントまで運んでくれます。イタレリツセリ♡
夜中に行動しやすいようにヘッドランプやトイレ用の履物などを適所に配置しました。
歩いているときはあれほど暑かったのに、標高3,500mのツォカムでは5分もすると背中の汗がひやっとしてきます。
ぐしょぬれの着衣も着替えました。

「ティータイムですよ〜」
の呼びかけにいそいそとレストランに移動するのでありました。


しっかり食べて体力維持してね
f0115214_10101655.jpg



雲間からみえた高い山
f0115214_10104841.jpg



葉と葉の中間に胞子葉がある珍しいシダ
f0115214_10114444.jpg



森の中に咲き残っていたプリムラ・ヒマライクム
f0115214_10121942.jpg



ペディキュラリスの仲間
f0115214_10124874.jpg



テント場まであと一息
f0115214_10131843.jpg



やっと到着・・・テントレストランが完成していた
f0115214_10134960.jpg




放牧地に設営された我々のテント
f0115214_10141636.jpg

[PR]
ブータンの山奥に咲く純白の青いけし、メコノプシス・スペルバに出会う旅
2,009年6月17日〜26日
4日のテント泊を含め、緑濃い山奥で出会った花の数々を中心に綴った旅行記です。
長いおはなしになるかと思いますが、最後までおつきあいいただければうれしいです。

↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb



小川に沿った砂利道を山に向って歩き出しました。
道路と畑の境には石垣が積まれジャガイモなどが植えられていています。
母屋と並んで家畜小屋があって、少し前まで日本でもこういう景色が見られたけど、大きな違いは標高の差。
すでに3,000mに近いはずです。
容赦なく降り注ぐ強烈な日差しの下、ゆるい坂道なのに息が上がって体が重〜い。
体が順応するまでしばらくはつらい上りが続きます。
30分ほど(距離にしてはわずか)歩いて休憩がありました。
ポーターの一人が自宅に寄っていくようです。この地で生まれ育った彼らにとって標高の影響は何ともないのでしょう。
走っていく後ろ姿をうらやましく眺めていました。
民家が途切れると細い山道に入りました。
勾配がきつくなってきます。
ポーターはザックを預け、カメラは肩にかけていましたがそれもポーターに持ってもらいました。
少し体が慣れてきて道ばたに咲く花に目をやるゆとりも出てきました。
とは言っても花は多くはありません。
「花がたくさんあれば写真を撮るという口実で休めるんだけどねえ」
と最年長のHさん。
同感・・・と言いたいところですが、早く木陰に行って休憩したいというのが本音。
それでも10種くらいの花は写しました。

チャナディンというお寺(ゴンパ)の近くのビャクシンの大木の下で一息つきました。
誰からともなく声が上がって真上を見ると、太陽を丸く囲んでいる虹が不思議な光景を作っていました。
御神木として大事にされているビャクシンの下で見上げた真ん丸い虹は神々しく,幸先のいいこれからの4日間を物語っているのかと思いました。
ところが、前にも同じ虹を見たことがあるという人が、雨の予兆だというのです。
ガガ〜ン!!!


まだ歩きはじめたばかりだというのに、みんな目を落として歩いている・・・
すれ違った地元の人の目にはにはどう映ったのか
f0115214_10502085.jpg



休憩
まだ集落の中
f0115214_10504515.jpg



山道を行く馬の背には大事な命の綱が・・・
f0115214_10513898.jpg



ハの集落が眼下に広がる
f0115214_10521497.jpg



道ばたの花

ロスコイア(ショウガ科)
f0115214_105336.jpg



シャクナゲの仲間
薄ピンクや濃ピンク、黄色などカラーバリエーションが多い
f0115214_105484.jpg




御神木のビャクシンの下から眺めた真ん丸な虹
f0115214_10544382.jpg



f0115214_1055381.jpg

[PR]

ブータンの山奥に咲く純白の青いけし、メコノプシス・スペルバに出会う旅
2,009年6月17日〜26日
4日のテント泊を含め、緑濃い山奥で出会った花の数々を中心に綴った旅行記です。
長いおはなしになるかと思いますが、最後までおつきあいいただければうれしいです。

↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb



トレッキング1日目の朝、天気は上々。
Tシャツに薄いジャンパーを羽織っただけでも暑いくらいです。
標高2,800mくらいでも日差しがあれば20数度になります。
トレッキングに必要のない荷物はスーツケースに入れて、ホテルに置いてもらいます。
着替えや個人的な食料は大きめのバッグに入れてバスの中へ。
ザックにはカメラや飲料水を入れました。
バスで10分ほどでトレッキング基地に到着しました。
すでにポーターやスタッフ、馬たちは待っていました。
今回トレッキングをする気になったのはポーターにザックを持ってもらえるからでした。
1日15ドル、4日間で60ドル(ブータンでは米ドルが使えます)。
私のポーターはプップ・オンディという26歳の青年、ちょっとジャニーズ系の涼やかな若者です。
最後の最後に知ったことですが、ポーターみんながハの若者なのに、彼だけがパロからやってきていたのです。家はバザールにあるらしく、ポーターには似つかわしくないシティボーイでした。
シティボーイとはいっても日本のそれとは違って、しっかりポーター役をこなす頼もしい青年ではありました。
ツアー参加者7名とガイド件添乗員の吉田斗司夫先生、ブータン人ガイドのカンドゥー氏とポーター8名、コックなどのスタッフと馬方、運搬の馬10頭(くらい)という大所帯で出発です。
なにせこれから4日間の食料、調理器具一式、レストラン用のテント、個人の荷物を全部運ばなくてはならないのですから。個人用のテントはキャンプ場に置いてあるとか。
これから4000m以上の山まで頼るのは自分の足だけ、というトレッキングへの不安は不思議に全く感じませんでした。


トレッキング出発準備
f0115214_14562970.jpg



ポーター、左がプップ・オンディ
f0115214_1457233.jpg

[PR]
ブータンの山奥に咲く純白の青いけし、メコノプシス・スペルバに出会う旅
2,009年6月17日〜26日
4日のテント泊を含め、緑濃い山奥で出会った花の数々を中心に綴った旅行記です。
長いおはなしになるかと思いますが、最後までおつきあいいただければうれしいです。

↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb


チェレイ・ラから九十九折の道をバスで標高差1,000mほどを下ってハへ移動です。
「ハ」は隠された町という意味だとか、山に囲まれた谷あいの町でした。
10年くらい前からやっと外国人が入れるようになった、ブータンの中でも特に素朴さが残されている町です。
素朴さはイコール非文明という印象です。宿泊場所は期待していませんでしたが・・・。
草むらに続く砂利道を行くと現れたのはパロのホテルにも匹敵するきれいな建物でした。
カラフルなブータン模様に彩られた2階建て、名称はRism Logge(リスムロッジ)ですが中はホテルと変わらない造りです。
湯船はありませんが、シャワー、水洗トイレ完備。
寒いときに使う電気ヒーターもありました。
レストランは別棟でバイキング形式での食事です。
まずスープが供されてあとは好きな料理を取り分けます。
給仕の女の子が口癖のように「・・finish?」と聞いてきます。
最後のデザートを配らないうちは仕事が終わらないのでしょう。
シロップ漬けの真ん丸なお菓子がデザートです。
小麦粉を丸めてあげたものをシロップ漬けにしたようなものです。
目ん玉が飛び出るほどの甘さでした。甘いものが最高のおもてなしなのでしょうか。
明日からのトレッキングに備えて早めに就寝しました。


山を下ってくると見えてきたハの家並み
隠された町という意味のハの集落・・・ここには「平和」という言葉しか見当たらない
f0115214_9561091.jpg



一晩お世話になったRism Logge
f0115214_9571042.jpg



中はちょっとしたホテル仕様
f0115214_9575553.jpg



夕食も朝食もバイキング
f0115214_959186.jpg



ホテルから望むハの町、ちょっとでも行って見たかった
f0115214_100537.jpg

[PR]
ブータンの山奥に咲く純白の青いけし、メコノプシス・スペルバに出会う旅
2,009年6月17日〜26日
4日のテント泊を含め、緑濃い山奥で出会った花の数々を中心に綴った旅行記です。
長いおはなしになるかと思いますが、最後までおつきあいいただければうれしいです。

↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb


ランチが済んだあと、チェレイ・ラの南側稜線をフラワーウオッチングしました。
タルチョが連なる道筋は花盛りです。
シャクナゲは満開を過ぎていましたが、何種類かはまだ花をつけています。
オレンジ色のキンナバリウムは食べられるシャクナゲ。
食べられると聞くと必ず手を出すだれかさん。酸味があってのどが渇いたときに役に立ちそうです。
ブータン語で食べられるシャクナゲをイーチュウ、大木のシャクナゲのことをエトメト、中木をケイムというそうです。
赤い花のアルボレムは大きな木だからエトメトか。
アンドロサケ、サクラソウの類、小さなランの類・・・そっちの人が見つけ、こっちの人も見つけ。
たくさんの目があると死角などないのですね。
小さな花はもちろん、地味で目立たない花もたちまちみんなの目にさらされてしまいます。
1時間ほど歩いてたどり着いた岩場にはメコノプシス・ラケモサや一見苔に見えるクッション植物がありました。花が大きい真っ白なアネモネも群れていて、大満足のチェレイ・ラ南側稜線でした。


チェレイ・ラの南側稜線は花盛り〜〜!

f0115214_14473621.jpg

f0115214_1448532.jpg


f0115214_1449165.jpg

f0115214_14492953.jpg

f0115214_14495524.jpg

f0115214_14502468.jpg
f0115214_1450583.jpg

[PR]