<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ブータンの山奥に咲く純白の青いけし、メコノプシス・スペルバに出会う旅
2,009年6月17日〜26日
4日のテント泊を含め、緑濃い山奥で出会った花の数々を中心に綴った旅行記です。
長いおはなしになるかと思いますが、最後までおつきあいいただければうれしいです。

↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb



トレッキングコースを歩いていて気になったことがあります。
シャクナゲの群落が至る所で焼け焦げています。
最初は山火事かと思っていましたが、頻繁に目に付くのです。
聞いて見ると遊牧民が放牧地を広げるために焼き払ったということでした。
放牧地がなければ生活が成り立たない遊牧民にとって大事な放牧地ですが、複雑な思いです。
繁殖力が旺盛なので放っておけば山はシャクナゲだらけになってしまう、とは吉田先生。
シャクナゲにことのほか愛情を注いでおられる先生ですが、よそ者が口出しすることではないということなのか。広〜いブータンのごく一部のことに目くじらをたてることもないかあ、ということで納得しました。



予定のテント場だったヤクナ・・・ここのシャクナゲも焼け焦げ
f0115214_15283485.jpg



焼け焦げのシャクナゲの奥の崖の右手が純白のケシ、スペルバの群落地、左下方にも大きな群落
f0115214_1529273.jpg



このきれいなシャクナゲもいずれは焼かれる?
いやいや、焼かないで〜!
f0115214_1529843.jpg

[PR]
ブータンの山奥に咲く純白の青いけし、メコノプシス・スペルバに出会う旅
2,009年6月17日〜26日
4日のテント泊を含め、緑濃い山奥で出会った花の数々を中心に綴った旅行記です。
長いおはなしになるかと思いますが、最後までおつきあいいただければうれしいです。

↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb




1時間20分ほどで本来の予定だった第2テント場、ヤクナに到着。
ここまで来て見て、予定変更になって本当にラッキーだったと思いました。
昨日のうちにここまで来るのはしんどかったし、終りかけのシャクナゲ群があるだけの谷です。
ここから戻れば帰りは楽だわ・・・つい独り言をつぶやいていました。
夕べはほとんど眠っていない最悪な体調なので、適当なところで戻るつもりでしたから。
ひと休みすると・・・まだ歩ける・・・と。
もう少し、もう少し・・・と歩を進めているうちに目的地に着いてしまいました。
突き当たりの崖の上に何本もの純白のけし、スペルバが見えます。
はやる気持ちを抑えてまずは昼ご飯。
何を食べたのかもう覚えていません。
多分、カップ麺かな。
山では生きて行動できるだけの食料を胃に入れておくという、日本にいるときには考えられないような食事形態でした。
寝不足も食欲不振もどこかへ行ってしまい、ただただシャッターを押すことに集中していました。



戻るタイミングを見ながら歩いた道
f0115214_16313254.jpg



こんな景色に出会うとまだ歩けるという気になるもの
f0115214_1632896.jpg



ビャクシンの中から顔を出しているM・シンプリキフォリア
まだ歩けるでしょ・・・と言っている見たい
f0115214_16323951.jpg



着いた〜!
スペルバの咲く崖・・この左手にもスペルバの群落、もっと遠い先には大群落も見えました
f0115214_16332675.jpg




どこから見てもこの旅一番の美人さん!
f0115214_163459.jpg


スペルバはどうしてこんな過酷な環境を選択したのでしょう。
今まで咲いていた場所は岩だらけとはいえ沢の流れに沿って生えていました。
この場所では崖の途中とでもいうべきさらに劣悪な環境に咲いています。
他の花では生きられないような環境を選んでどのような進化をたどったのか・・・。
ブータンのごく一部分にしか自生していないという孤高のスペルバ。
植物の不思議をあらためて感じました。
彼らは急に人間どもが訪れるようになって喜んでいるのか、眉をしかめているのか。
こんなに美しいけしが今まで知られていなかったという奇跡に感謝で〜す。
[PR]

ブータンの山奥に咲く純白の青いけし、メコノプシス・スペルバに出会う旅
2,009年6月17日〜26日
4日のテント泊を含め、緑濃い山奥で出会った花の数々を中心に綴った旅行記です。
長いおはなしになるかと思いますが、最後までおつきあいいただければうれしいです。

↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb




4,000mを越えるツォンサーカーはさすがに夜は冷えます。
湯たんぽが配布になったので非常に助かりました。
寝袋でやっと暖まった頃、「すごい星空!」と言う声に外に出てみました。
こぼれ落ちてくるほどの満点の星・・・サブ〜!
早々にテントに逆戻り〜。
夜半には遊牧民の犬が数匹、テントの近くでキャンキャン吠えたててほとんど眠れないまま朝を迎えました。
この日は3時間ほど歩いた先の岩場へもう1ヶ所のスペルバ群落地までトレッキングです。
体調が思わしくないということで4名がテント場に残りました。
吉田先生を含めた4名とガイドのカンドゥー氏とポーター4名で出発です。
(以前は居残り組だった自分が先頭きって出かけるなんて、強くなったものだ〜、シミジミ)
出発して間もなく大きな谷を横切りました。
いきなりニジキジというヒマラヤ一帯に棲むキジの歓迎を受けました。
雄は美しい虹色をしています。
こんなときポーターにカメラを預けているととっさの行動がとれないですね。
なんとか写した写真にはぼけた虹色だけが小さく写っていました。
このあとさらにすばらしい出会いがあったのです。
「オ〜!」
という吉田先生の差す指の先に真っ赤なシャクナゲが咲いていました。
トムソニーという肉厚の小さめの花です。
普通、シャクナゲの受粉は昆虫によりますが、これは鳥が受粉する種類だそうです。
鳥の体重に耐えられるように萼が大きく発達したとか。
・・・と、カンドゥー氏が「あそこ〜」と指を差しました。
なんと、トムソニーの蜜を吸いに来るレッドテールサンバード(赤尾太陽鳥)がヒラリと飛び去ったのです。一瞬でしたが真っ赤な長い尾がリボンのように舞う姿を目にしました。
トムソニーでさえ珍しいのに共生しているレッドテールサンバードまでセットで出会うラッキーな一瞬でした。



夜は冷えた分だけ冴えた朝を迎えました
寝不足な気分とは裏腹に非常に気持ちのいい朝です
f0115214_14351656.jpg



もう一つの白いケシの自生地へ出発して間もなく出会った真っ赤なシャクナゲ
「トムソニー」
共生しているレッドテールサンバードも近くで見られたラッキーな一瞬でした

f0115214_1438136.jpg

[PR]
ブータンの山奥に咲く純白の青いけし、メコノプシス・スペルバに出会う旅
2,009年6月17日〜26日
4日のテント泊を含め、緑濃い山奥で出会った花の数々を中心に綴った旅行記です。
長いおはなしになるかと思いますが、最後までおつきあいいただければうれしいです。

↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ




純白のケシ、メコノプシス・スペルバをメンバー全員心置きなく写真に収めました。
午後2時半には第2テント場到着です。
予定ではさらに1時間以上歩いた先のヤクナがキャンプ地でしたが、今年は雨不足で水の確保が出来ないということで、ツォンサーカーと言う標高4,050mの丘陵地にテントが張ってありました。
荷物を整理したらティータイムです。
ザウという米を炒ったアラレ風のおやつがおいしくてたちまち大皿が空っぽ、おかわりが追加されました。
ツォンサーカーには2本の沢が流れ込んでいます。
岩だらけの沢沿いを登って行くと純白のケシが咲いています。
西日を受けて純白のスペルバがさらに輝いていました。
足元には黄色いバイモやウルップソウ、キジムシロの類、アブラナ科の白い花などちょっと歩いただけでも何種類もの花が咲いています。
足場の悪い湿原には吉田先生も初見参という血の色をしたサクラソウのキンギーが固まって咲いていました。
夕方の散策だけでは物足りないくらいの花園でした。
予定地のヤクナまで行っていたらここツォンサーカーのお花畑は十分に楽しめなかったでしょう。
真ん丸虹といい水不足のキャンプ地変更といい、アクシデントが今回の旅をさらに充実させているようなツキを感じました。

ポーターたちはトレッキングがないときは自由時間です。
食事を配ったり、必要なものをテントへ運んだりという雑用はありますが。
第2テント場には早く着いたので彼らには自由時間がたっぷりありました。
そんなとき何をしているか・・・。
非常に熱心に行っていたことは石投げゲーム。
10数m先のへこみに平べったい石を命中させるという単純なゲームです。
いつも静かな彼らが熱くなってはしゃいでいます。
現金をかけているんですね。
いくらかは分からないけど、1回のゲームが終わると勝者にみんながお金を渡していました。
携帯は圏外だし、ipotやニンテンドーゲーム機などなくても十分に楽しんでいる彼らは数十年前の我々の姿でした。



ツォンサーカーの第2テント場
f0115214_1227847.jpg



西日に輝くメコノプシス・スペルバ
f0115214_12284315.jpg



血の色をしたサクラソウ、キンギー
f0115214_122942100.jpg



バイモ
f0115214_1230391.jpg




キジムシロの仲間
f0115214_12314884.jpg



高山性のテンナンショウ
f0115214_12324557.jpg

[PR]
ブータンの山奥に咲く純白の青いけし、メコノプシス・スペルバに出会う旅
2,009年6月17日〜26日
4日のテント泊を含め、緑濃い山奥で出会った花の数々を中心に綴った旅行記です。
長いおはなしになるかと思いますが、最後までおつきあいいただければうれしいです。

↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb




懐かしい人たちとの再会に気を良くしてか足取りは軽くなりました。
もう急な登りはなく、草原に咲く花を楽しみながら1時間ほどで昼食です。
ツアーの食事が充実しているので、日本から持参した食料に手を付けない人がほとんどです。
カップ麺やみそ汁を食べているのは私くらい。
日本に持ち帰るのもいやなのでどうぞ、とおかゆをいただきました。
非常食として優秀なおかゆについて参考までに・・・。
いただいたのは梅がゆです。
しょっぱすぎ!
持参するなら絶対白がゆです。
白がゆにふりかけや漬物などがおすすめ。それがなければ醤油だけでも梅がゆよりおいしい。
(Nさん、いただいていながらごめんなさい)
4,000m級になるとツツジ類などの低い潅木があるだけで見渡す限り視界が広くて気分はサイコー。
さらにうれしいことに、メコノプシス・スペルバの咲く沢に早々に着きました。
登山道を横切っている小さな沢に沿って、目的の白いけしは点々と咲いています。
がっちりと太い茎は大きいもので2m、30cm以上はあろうかと思われる銀色の毛に覆われた葉。
直径10cm ほどの真っ白な花が茎を取り囲むように4個も5個も開いています。
真っ黒な雌しべは一見虫が止まっているよう・・・。
てっぺんから数個はもう結実して確実に子孫を残していました。
石がゴロゴロする足元には来年用のロゼットが何本もスタンバイ。
こんなにきれいで大きくて見てくださ〜い、と言わんばかりの白いケシが知られるようになったのはつい最近のこと。
世界の最後の秘境とも言えるべきブータンの西はずれのハが最近まで外国人に開放されていなかったためです。ツアー解禁してまだ今年で2年か3年目です。


行く手にはもうランチを広げて待っている様子が見えている
f0115214_14224479.jpg



歩きやすい山道を咲き乱れる花を愛でながら・・・
f0115214_14234272.jpg



サクラソウもきれい
f0115214_14253971.jpg



ほどなく純白のケシ、メコノプシス・スペルバ咲く沢に到着
f0115214_14261667.jpg



早速撮影会がはじまった
f0115214_14265366.jpg



う・う・美しい・・・
この花を見るために必死の覚悟で山を登ったのだ
f0115214_14283523.jpg

[PR]
ブータンの山奥に咲く純白の青いけし、メコノプシス・スペルバに出会う旅
2,009年6月17日〜26日
4日のテント泊を含め、緑濃い山奥で出会った花の数々を中心に綴った旅行記です。
長いおはなしになるかと思いますが、最後までおつきあいいただければうれしいです。

↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb




朝方から雨が降ってきて、やっぱり真ん丸虹の予報通りかと覚悟をしたら、起き出す頃にはほとんど雨は止んでいました。
6時にモーニングティーがテントまで運ばれてきて、お湯が入った洗面器が配られます。
身支度を整えて朝食。
朝のお粥がほっとします。
7時30分には出発しました。
のっけから急な登りです。
林を抜けると開けた草地は花が咲き乱れて、休憩を兼ねての撮影会。
パニクラータという背が高い黄色いメコノプシス(青いけし)が咲いていました。
この行程で一番高いというサブジョ・ラ(4,050m)に着きました。ラとは峠のこと。
なだらかな芝生が広がっていて、遠くには真綿のように山肌に絡みついていたガスがだんだん上がって行く幻想的な風景を楽しみました。
しばらくは歩きやすい尾根が続き、この道中で一番の難所ではないかと思われる胸突き八丁の壁が見えてきました。見ると上から大勢の日本人が下ってきます。
石がゴロゴロ転がっている足場の悪い急坂の途中で、
「ここを登ればなだらかな花の丘になりますよ。あと少しだからがんばって〜」
と声をかけてきた女性にうなずきながら、どこかであったことがあるような・・・。
その後から下りてきた人たちは確実に見覚えが・・・。
「あら〜、○△さん!」
「うっそ〜、どうして〜!」
「あ、O先生!」
なんと、以前タイの花を見に行った時にご一緒したAツアーのご一行様だったのです。
最初に声をかけてきた女性ももちろんご一緒しました。
植物ガイドのO先生、ツアー参加者、添乗員含めて9名のうち7名が知り合いでした。
「日本のどこかでだったら分かるけど、ブータンのこんな山奥で出会うなんてね〜、キセキよねえ」
「やっぱりあなたは来ると思ってたわ〜」
偶然にも高校が一緒だったアイコ先輩とは去年暮れのブータンの旅の説明会でも顔を合わせていました。
吉田先生とO先生は面識はなかったものの、著書でつながりがあったということで、30分ほど話し込まれていました。
その間、我々も話に花が咲いたことは言うまでもありません。
でも待たされた他の人たちはつまらなかったでしょうね、ゴメン。


つらい登りも咲き乱れる花たちに癒される・・・

アンドロサケ(サクラソウ)
f0115214_14125942.jpg




アネモネ
f0115214_14132314.jpg




メコノプシス・パンクラータ
f0115214_14143535.jpg



サブジョ・ラで一休み
f0115214_14151640.jpg



馬さんたちも休憩
f0115214_1415561.jpg



真綿をはぐように上がっていくガス
f0115214_14162451.jpg



Aツアーのメンバーとキセキの再開
f0115214_14165949.jpg

[PR]