<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ブータンの山奥に咲く純白の青いけし、メコノプシス・スペルバに出会う旅
2,009年6月17日〜26日
4日のテント泊を含め、緑濃い山奥で出会った花の数々を中心に綴った旅行記です。
長いおはなしになるかと思いますが、最後までおつきあいいただければうれしいです。

↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb




同じ道を往復するときは、帰りは短く感じるものですが今回は違いました。

歩いても歩いても第1テント場に着かない・・・。

やっとテント場に着いた時は3時間30分になっていました。

休憩時間が短かったので正味3時間以上歩いたことになります。

でも登りは5時間かかったのですから不思議はないのですが。

先発キャラバン隊はすでに着いていてテントも張ってありました。

大きなたき火からはもくもくと煙が立ち昇っています。

見ると放牧地やテント場を囲む立ち木からも煙が出ているではありませんか。

「青いけしの前で高山病で死ぬのなら本望だけど、山火事で焼け死にたくないよ〜」

つい叫んでしまいました。

実は雨上がりのせいか、異常に虫が発生しているので馬のための虫いぶしでした。

森の中からはコーン、コーンと木を切り倒している音も聞こえてきます。

薪用の木もいぶしている立ち木も、長生きができそうにない弱った木を利用しているようです。

山を守りながらエコしていると感じたひとときでした。

日本だってこういう生活をしていた時代があったのですよねえ。

はるか遠い昔・・・!

テントでの最後の夜はまどろむと夢を見て目が覚めるという繰り返しで、夜明けが遅く感じられた

日でした。


煙が立ちこめているテント場
f0115214_10474740.jpg



生木をくべて虫いぶし
f0115214_105938100.jpg



ニンゲンサマも一緒にいぶしてもらう
f0115214_1124473.jpg



いぶしている立ち木
f0115214_113401.jpg

[PR]
ブータンの山奥に咲く純白の青いけし、メコノプシス・スペルバに出会う旅
2,009年6月17日〜26日
4日のテント泊を含め、緑濃い山奥で出会った花の数々を中心に綴った旅行記です。
長いおはなしになるかと思いますが、最後までおつきあいいただければうれしいです。

↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ



ブータンの旅もそろそろ終盤ですが、ここいらでフォトギャラリーを見てください。
すでに見ていただいた写真が多いですが、これからアップする花も入っています。

AOIKESI'S HP(ブータンの花、フォトギャラリー)へは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb


フォトギャラリーの一部です

メコノプシス・スペルバ
f0115214_1343379.jpg


メコノプシス・スペルバ
f0115214_13432728.jpg


アンドロサケ・サクラソウの仲間
f0115214_13435174.jpg


メコノプシス・シンプリキフォリア
f0115214_13442298.jpg


アネモネ
f0115214_13444348.jpg

[PR]
ブータンの山奥に咲く純白の青いけし、メコノプシス・スペルバに出会う旅
2,009年6月17日〜26日
4日のテント泊を含め、緑濃い山奥で出会った花の数々を中心に綴った旅行記です。
長いおはなしになるかと思いますが、最後までおつきあいいただければうれしいです。

↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb



山登りは上りのほうが断然つらいです。
下りは膝を痛めるので嫌いという人も多いですが、急勾配の上りのつらさにはかなわないでしょう。
が、足元を見ながら一歩一歩勾配を稼いでいるうちにはるか上方と思われた目的地に着いているものです。
それが下りだと身長で見下ろすので実際より急勾配に感じます。
「ホントにこの道を登ったのかねえ、違う道に迷ったんじゃないの〜?」
と言い出す人がいるくらい見覚えのないような険しい下り道でした。
おまけに雨上がりのぬかるみの道、歩きにくいことこの上なし!
景色を楽しむゆとりも、花を見つけてもカメラを向ける気力もなくなっていました。
こんなときポーターが岩陰にもぐったをマーモット見つけました。
あわれな彼は入り口と出口から二人のポーターに挟まれて穴の中で動けないでいるようです。
ストックで突かれて渋々顔を出したマーモットにみんなの歓声が上がりました。
高山の草原にはマーモットやナキウサギが生息しています。
この日、ブータンの山の中で一番の悲劇を味わったマーモット君は、ニンゲンどもの隙を見て脱兎のごとく安全な場所に避難したことは言うまでもありません。
味気ない下りに彩りを添えてくれたマーモット君、ありがとう。
これからはテリトリーに勝手に侵入してくるニンゲンどもにくれぐれも気をつけてね。


ボクは見せ物じゃないよ〜と言いたげなマーモット君
ゴメンね、でもかわいかったよ〜
f0115214_109325.jpg



往きはよいよい帰りはつらい・・・
f0115214_10101775.jpg



しばしの休憩
f0115214_1016348.jpg



コリダリス
休憩中に見つけて撮ろうとしたらカメラが動かない!
故障?
パニクっていたら吉田先生が、ずれていたボタンを戻してくれてホッ・・・
どこに行っても、いくつになっても直らないドジ(アキラメ)
f0115214_10163074.jpg

[PR]
ブータンの山奥に咲く純白の青いけし、メコノプシス・スペルバに出会う旅
2,009年6月17日〜26日
4日のテント泊を含め、緑濃い山奥で出会った花の数々を中心に綴った旅行記です。
長いおはなしになるかと思いますが、最後までおつきあいいただければうれしいです。

↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb





翌朝、6時のモーニングティーのあと、朝露をまとった真っ赤なサクラソウ、キンギーをパチリ。
久しぶりに熟睡感があって、お粥、目玉焼き、チリビーンズの朝食をおいしくいただきました。
7時頃から降り出した雨が本降りになってきました。
この日は第1テント場に戻るのみなので急ぐことはないということで、テントでおしゃべりしながら雨が止むのを待っていました。
10時頃小降りになったので撮り残しの写真撮影。
高山性のテンナンショウやメタカラコウなどを見つけました。
11時に早めのランチです。
久保田さんからの差し入れの五目寿司と茹でジャガイモで大満足の胃袋でした。
この旅一番の目的であるメコノプシス・スペルバを存分に堪能し大満足で、2日間お世話になった第2テント場を出発。
出発時にはまだぱらついていた雨も途中から止んでホッ!
最初に出会ったスペルバの咲く沢でまたまた日本人に出会いました。
東京農大の研究生の3人とのこと、吉田先生のアドバイスもいただいたそうです。
我々が行った岩場より更に奥まで行くということでした。
ほとんど知られていないブータンの山奥で、毎日日本人グループに出会うとは・・・。
メコノプシス・スペルバ恐るべし!

世界広しと言えど、日本人ほど青いけしが好きな人種はいないのではないでしょうか。
イギリス人も青いけしマニアが多いと聞いていますが、11年間の青いけしの旅でイギリス人に出会ったということはありませぬ。


朝露光るプリムラ・キンギー
f0115214_1024348.jpg




高山性のテンナンショウ
f0115214_10251091.jpg



大型のバイモ
f0115214_10255179.jpg



雨に煙る第2テント場で出発を待つ馬たち
f0115214_10302798.jpg



この谷の奥に咲いている純白のケシともお別れ
f0115214_10305879.jpg

[PR]
ブータンの山奥に咲く純白の青いけし、メコノプシス・スペルバに出会う旅
2,009年6月17日〜26日
4日のテント泊を含め、緑濃い山奥で出会った花の数々を中心に綴った旅行記です。
長いおはなしになるかと思いますが、最後までおつきあいいただければうれしいです。

↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb



帰りの道のりはゆるい下り坂が多かったのに、テントに着いた時はクッタクタに疲れていました。
やはり寝不足がたたっているのか・・・他の人たちも同じ意見だったので高地での体力の限界だったのでしょう。
我々のテント場からちょっと離れた丘に10張りくらいのテントが張ってありました。
一日遅れで到着した日本からのツアー客ということ。
夕方になってテントの外に出たら向うから歩いてくる人と目が合いました。
「・・・!」
一瞬目を閉じてもう一度見直しました。
「Tさん!」
「やっぱりねえ、あなた来てると思ったわ」
青いけしにはまって追っかけを続けておられる大先輩でした。
チベットと青海省でご一緒しました。
吉田先生に挨拶にいらしたということです。
3日間中、純白のスペルバを見に来たツアーが3組あって、どれにもおなじみさんがいて・・・。
Tさん曰く・・・
「結局みんな同じ穴のムジナなのよ」
はい、ゴモットモデアリマス。
その夜、そちらのテントからは歌声喫茶オープンか、と思うようなさわやかなコーラスが聞こえていました。
気配りの行き届いた添乗員さんなのでしょう。
海外青年協力隊で2年ほどブータンに滞在していた久保田さんという方です。
今回のブータンの旅(我々のツアーも含めて)のコーディネイトは彼女によるもの、ということでした。


岩場には純白のケシだけではありません
メコノプシス・ラケモサも数本咲いていました
f0115214_1315312.jpg



アネモネの仲間
小さい花たちです
f0115214_1321549.jpg



1日遅れで到着したツアーグループのテントが見えます(翌朝の写真)
f0115214_1383237.jpg

[PR]