「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧


↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb


中国四川省・夾金山に黒いけしを訪ねて
2010年7月7日〜17日

青いけし追っかけの旅も12回目を迎えた。
6年前にまだつぼみだった黒いけしを見たくて3度目の四川省となった。
ほぼ予定通りにスケジュールをこなし、最後に黒いケシに出会えたラッキーな旅の記録である。
最後までおつきあいくださいね。



午後1時30分に成都のホテルに到着。
荷物を整理しても時間はたっぷり。
ホテルから繁華街はすぐ近くだ。
若者向けの洋服やが並ぶ通りを歩いてみた。
ポロシャツやTシャツが所狭しと並んでいる。
どの店も売り子の声が響いて活気がある。
ユニクロもあった。
日本より少し安い気がしたが、中国製よりは高い。
客がまばらだった。
デパートの商品はランクが高い。
若い子むけのワンピースでも日本のそれとあまり変わらない値段だった。

歩道橋から成都の中心部を
f0115214_11264163.jpg

f0115214_1126268.jpg

f0115214_11261674.jpg


どれが人形かわかります?
これは黒いから分かりますね
黒い2体の銅像の間にも1体赤いシャツの人形が見えます
f0115214_11254262.jpg


この画面に4体
f0115214_11252878.jpg


こちらにも4体人形がいます
f0115214_1125162.jpg

[PR]
↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb


中国四川省・夾金山に黒いけしを訪ねて
2010年7月7日〜17日

青いけし追っかけの旅も12回目を迎えた。
6年前にまだつぼみだった黒いけしを見たくて3度目の四川省となった。
ほぼ予定通りにスケジュールをこなし、最後に黒いケシに出会えたラッキーな旅の記録である。
最後までおつきあいくださいね。




7月16日 神木磊〜成都

いよいよ成都に戻る日になった。
2日前に通った道を戻ることになる。
途中の町、宝興県には門限があって、9時までに通過しなくてはならない。
朝食を済ませ、荷物をまとめて7時には出発した。
濃い霧の中、洪さんは猛スピードで垂直の崖に続く山道を下る。
大理石を満載したトラックが多い。
のろのろと走っているトラックを追い越しながら先を急ぐ。
・・・と、RV車が事故っている横をすり抜けて通過した。
洪さんの話ではトラックは通り抜けないだろうという。
直前にトラックを追い越した幸運が我々に道を開いてくれた。
大理石の町、宝興県の関所を無事通過した。
町には薄く板状に加工した大理石が山積みされている店や花びんなどの細工物が並ぶ店などが見て取れる。
さらに1時間ほど走って流木細工の店がずらりと並ぶ、慮山の町に入った。
関所も無事通過したことだし、見学することになった。
中心街の公園のようなところで車を降りた。
蒸し暑くて汗を流しながら、何軒かの店をのぞいた。
木の根をうまく細工している飾り物が多い。
大掛かりなものばかりではなく、小品もあるが、どこに飾る?
う〜ん、少なくとも自宅の部屋にはしっくり来るものがなかった。
慮山を過ぎてしばらくすると、大雨があったらしく増水した濁流が渦を巻いて流れていた。
小さな土砂崩れも随所に見られた。
道路には影響がなく、無事国道318号に戻り、ひたすら成都を目指した。
途中、高速を降りて、洪さんオススメの麺やさんでおいしい昼食をいただいた。

大きな大理石山積みのトラックの横をすり抜けるスリル!
f0115214_11171931.jpg


流木細工の町、慮山を見物
f0115214_1117687.jpg


流木というか、木の根細工と言ったほうが正しい
f0115214_11165584.jpg


巨大な細工物を飾れる家って・・・?
f0115214_1116494.jpg

[PR]
↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb


中国四川省・夾金山に黒いけしを訪ねて
2010年7月7日〜17日

青いけし追っかけの旅も12回目を迎えた。
6年前にまだつぼみだった黒いけしを見たくて3度目の四川省となった。
ほぼ予定通りにスケジュールをこなし、最後に黒いケシに出会えたラッキーな旅の記録である。
最後までおつきあいくださいね。


「もう止まらないで行きましょう」
という声があっても、車窓からは花が誘惑してくる。
「ここが最後、ちょっとだけ降りましょう」
・・・というわけで、シオガマギクがピンクに染めている道ばたで最後の観察会となった。

シオガマギク、これは背が高かった
f0115214_1152110.jpg


アップで見るとクチバシがおもしろい
f0115214_115540.jpg


アカバナ
f0115214_1145315.jpg


ヤマハハコ
f0115214_1143852.jpg


ボタンの仲間
f0115214_114222.jpg


オドリコ草の仲間
f0115214_114734.jpg


まだ開かない小型のユリがあった。
このあたり特産のユリだという。
あと5日、いや2日あれば開きはじめるかも知れない。
中国人ガイドの余さんは来週からまた日本人ツアーを案内して夾金山にも来るという。
「その時はこのユリも咲いているでしょう」
と・・・。

帰ってからたまたまそのガイドの先生のブログを見つけた。
山の花は友達
我々が行った時は一部を除いて、遠くの山が見えないことが多かったが、彼らの時は天気に恵まれたようだった。
山の天気は目まぐるしく変わる。
その時の運だから仕方ないこと。
ユリも咲いていたようだ。
[PR]
↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb


中国四川省・夾金山に黒いけしを訪ねて
2010年7月7日〜17日

青いけし追っかけの旅も12回目を迎えた。
6年前にまだつぼみだった黒いけしを見たくて3度目の四川省となった。
ほぼ予定通りにスケジュールをこなし、最後に黒いケシに出会えたラッキーな旅の記録である。
最後までおつきあいくださいね。


夾金山の峠でたっぷりと黒いけしを楽しんだあと、もと来た道を宿に向った。
途中の崖の上に赤いけし、メコノプシス・プニケアの群落を見つけた。
もう何度も見ているけしだが、こんな大きな群落は珍しい。
早速崖によじ登って撮影タイム。

メコノプシス・プニケアの群落を崖の上に見つけた
f0115214_1453326.jpg


ハンカチケシともいわれている
f0115214_1451746.jpg


ドロニクムという
f0115214_145588.jpg


コンロンソウの仲間
f0115214_1445247.jpg


コリダリスの仲間
f0115214_1443855.jpg


メタカラコウの仲間
f0115214_1442421.jpg

[PR]
↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb


中国四川省・夾金山に黒いけしを訪ねて
2010年7月7日〜17日

青いけし追っかけの旅も12回目を迎えた。
6年前にまだつぼみだった黒いけしを見たくて3度目の四川省となった。
ほぼ予定通りにスケジュールをこなし、最後に黒いケシに出会えたラッキーな旅の記録である。
最後までおつきあいくださいね。



パラクレイギアやサクラソウ類、トリカブト、コリダリスなど他の花も多かった。
青いけしのメッカだった四姑娘山麓・巴朗山峠が地震で崩れてしまった今、夾金山
を目指してどのツアーも押しかける。
黒いけしを見ているときにも何組かの日本人ツアーが訪れていた。
その中の一組は登山が目的らしく、黒いけしには見向きもしないで峠で休憩した後、峠を下って行った。

パラクレイギア
f0115214_14543297.jpg


ツルニンジンの仲間
f0115214_14541077.jpg


エーデルワイス
f0115214_14535472.jpg


サクラソウ
f0115214_14534490.jpg


トリカブト
f0115214_14533125.jpg


コリダリス
f0115214_14531696.jpg


夾金山も花の多い山だった。
このあと2ヶ所で写真を撮った。
花コレクション・・・つづく
[PR]
↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb


中国四川省・夾金山に黒いけしを訪ねて
2010年7月7日〜17日

青いけし追っかけの旅も12回目を迎えた。
6年前にまだつぼみだった黒いけしを見たくて3度目の四川省となった。
ほぼ予定通りにスケジュールをこなし、最後に黒いケシに出会えたラッキーな旅の記録である。
最後までおつきあいくださいね。



黒いけしはガレ場が目立つ山に今を盛りと花を咲かせていた。
黒いといっても真っ黒ではない。
チョコレートブラウンに葡萄色を混ぜたような濃い色からロゼワインに近い色まで、一つとして同じ色はない。
黒いけしは「メコノプシス・ラケモサsp」と暫定で呼ばれてきたが、まもなく正式名称が発表されるらしい。
系統植物学専攻のO先生としてはまた一つ種類が増えるのはご不満でしょう・・・。
「分類植物学をやっている学者さんたちを喜ばせるだけだ」
という声が聞こえそう。
降っていた雨も車から下りる頃には止んでいた。
花びらに水滴がついて幻想的な黒いけしが見られた。

f0115214_1116047.jpg

f0115214_1115388.jpg

f0115214_11142776.jpg

f0115214_1114987.jpg

f0115214_11135622.jpg

f0115214_11134175.jpg

[PR]
↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb


中国四川省・夾金山に黒いけしを訪ねて
2010年7月7日〜17日

青いけし追っかけの旅も12回目を迎えた。
6年前にまだつぼみだった黒いけしを見たくて3度目の四川省となった。
ほぼ予定通りにスケジュールをこなし、最後に黒いケシに出会えたラッキーな旅の記録である。
最後までおつきあいくださいね。


7月15日、神木磊〜夾金山

いよいよフラワーウオッチング最後の日となった。
黒いけしの咲く夾金山へは6年前に、日隆から行っている。
今回もその予定だったが、20席以上の車は通行不可ということで予定を変更した。
2度目の夾金山だが、初めて通る道だから期待と不安が入り交じる。
標高4,200mの夾金山へ62km、3時間半ほどかかるという。
不安は杞憂に過ぎなかった。
コンクリート舗装がまだ新しい山岳道路をバスはエンジン音を響かせながら登って行く。
四川大地震時に崩れてしまった臥龍側の道路に代わって完全舗装されたのだろう。
6年前にすでに存在していた道路ではある。
決して地盤がしっかりしているとは言い難い急勾配の山肌をガリガリと削って作られた道路だ。
道際から崩れ落ちている箇所が目立つ。
ガードレールがなかったりすると怖くて谷側を見られない。
崖側だって安心できない。
今にも石が崩れ落ちてきそうな箇所がある。
ガスに覆われたり、雨が降ってきたりのすっきりしない気候のなか、黒いけしの咲く夾金山に着いた。

山肌を削って作られた道路、ガードレール設置中
f0115214_10495681.jpg


夾金山に着いた
f0115214_10494445.jpg


峠付近
f0115214_10492342.jpg

[PR]
↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb


中国四川省・夾金山に黒いけしを訪ねて
2010年7月7日〜17日

青いけし追っかけの旅も12回目を迎えた。
6年前にまだつぼみだった黒いけしを見たくて3度目の四川省となった。
ほぼ予定通りにスケジュールをこなし、最後に黒いケシに出会えたラッキーな旅の記録である。
最後までおつきあいくださいね。




夕食は母屋の食堂でとった。
二人の子持ちの若いお母さんの野菜中心の料理が並んだ。
大根とヤク肉入りのスープ、キュウリやジャガイモの細切り炒め、干しキノコとピーマン炒めなど腕によりをかけた料理が並んだが、ヤク肉のジャーキーだけが空っぽになった。
みんなも連日のテーブル料理に食傷気味になっているのだろう。
食堂の片隅で、中学生のお兄ちゃんが2歳の妹を籠で背負ってあやしながらテレビを見ていた。
忙しい両親を助けて、実に良く妹の面倒を見ていたのが印象的だった。
夕食後に五仙湖のほとりまで散策した。
中国は夜8時を過ぎてもまだ明るい。
まだ新しいダムだから、周辺の家々も新しい。
さほど興味を示すような景色でもないので早々に戻った。
途中の家の軒先で織物をやっている娘さんがいた。
12cmくらいの幅の帯状のものを色とりどりの糸で織っていた。
譲ってほしかったが、売ってはくれなかった。
嫁道具なのかもしれない。

野菜中心の手料理なれどビーフジャーキーが一番人気
f0115214_10135055.jpg


お兄ちゃんは妹の面倒をよく見ていた
f0115214_10133891.jpg


夕食後、五仙湖のほとりまで散歩した
f0115214_1013262.jpg


織物にいそしんでいる娘さん
f0115214_10125812.jpg


道ばたで遊んでいた子ども、オシリの部分が開いているズボンをはいている
f0115214_101242100.jpg


子どもってかわいい〜!
f0115214_10121967.jpg

[PR]
↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb


中国四川省・夾金山に黒いけしを訪ねて
2010年7月7日〜17日

青いけし追っかけの旅も12回目を迎えた。
6年前にまだつぼみだった黒いけしを見たくて3度目の四川省となった。
ほぼ予定通りにスケジュールをこなし、最後に黒いケシに出会えたラッキーな旅の記録である。
最後までおつきあいくださいね。


先日お知らせしました
「ブータンの白いケシの旅」
「異彩を放つブータンの文化と自然」
がアスパラクラブに掲載されました。
短い記事ですが見ていただけるとうれしいです。
f0115214_14485573.jpg

[PR]