「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

12年間に渡り、中国奥地やチベットなどに出向いて、この目で確かめてきた青いけしについてまとめてみました。
青いけし、メコノプシスの解説ではありません。
何十年もあこがれ続けてやっと出会った私の青いけしへの想い、シロウトのたわごとと思ってください。


↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb




本物のメコノプシス・ベトニキフォリア

いつもお世話になっているSツアー会社から思いがけない便りが届いた。
メコノプシス・ベトニキフォリアに関する報告書である。
東チベットで見られるM・ベトニキフォリアをM・ベイリーに改名するという。
というか、以前はベイリーと呼ばれていた種をベトニキフォリアと改名していたらしい。それをまた元に戻してベイリーと呼ぶことにしたというややこしいお知らせだった。
ということは、前回、前々回と載せたベトニキフォリア1と2は、正しくは
メコノプシス・ベイリー1
メコノプシス・ベイリー2と直さなければならないということ。
では、本物のベトニキフォリアとは・・・?
プラッティーの項で述べた雲南省老君山に咲いていた2種の青いけし。
それらが晴れて本物のメコノプシス・ベトニキフォリアに認定されたのだ。
2000年にはじめて訪れた雲南省老君山でその花を目にしていた。
ひとつは車道沿いの崖に咲く藤色がかった4弁の青いけし。
もうひとつは老君山の散策路で見つけたレインボーカラーの青いけし。
そのときのガイドの先生はまだ青いけしに詳しくなくて名前が分からなかった。
どうしても気になって、4回目の旅からお世話になっているSツアー会社に写真をお見せしたらベトニキフォリアではないかと。
これをきっかけにSツアー会社が老君山を含む雲南省の新しい旅を組み立てた。
もちろん、参加しないわけにはいかない。
2008年、再び訪れた雲南省老君山の2ヶ所で見事な青いけしに再会できた。
山荘近くの車道沿いの崖に咲くベトニキフォリアはやっぱり藤色がかった尖った4弁の花が大きな群落を作っていた。
「発見者が一番先に写真を撮りなさい」
とガイドを兼ねた社長。
「え〜?私が発見したわけではないですよ」
「だけど、あなたの写真がきっかけで作られたツアーなんだから」
なんだか面はゆい気持ちを抑えながらシャッターを切った。
山荘に泊まった翌日は朝から老君山に作られた散策路をハイキング。
うっそうとしたシーダーや大木のシャクナゲが連なる森を歩くこと1時間。
レインボーカラーのベトニキフォリアを見た斜面についた。
小ぶりな人ならすっぽり隠れてしまいそうな草むらを、ベトニキフォリアは虹色に染めていた。
こちらは丸みを帯びた花弁でおおらかさを感じる花だ。
あの時に見た花と同じ色と形だった。
2ヶ所のベトニキフォリアは種類が違うのではないかと思うくらい外見は異なっている。植物を分類するのは外見ではないのだそうな。
蕊の形だったり葉の形や付き具合だったり、DNA鑑定などと言われたらシロウトにはとうてい手に負えない未知の世界だ。
研究者は確たる証拠(?)を握っておられることだろうと思う。
シロウトながらひとつ気がついたことがある。
結実した実であるが、チベットのベトニキフォリア改めベイリーはびっしりと気に覆われている。
今回の老君山のベトニキフォリアの実はツルンとして毛はほとんどない。
この違いが2ヶ所のケシを別種とする判断材料に含まれていたのかは定かでない。
何はともあれ、この雲南省の旅の翌年に届いた報告書である。
私は見てきたというだけで何の手柄も立てていないのに、妙に自尊心がくすぐられる改名の報告書であった。

車道沿いの崖に咲くベトニキフォリア
f0115214_959239.jpg


老君山の散策路の草むらに咲くベトニキフォリア
f0115214_959026.jpg

f0115214_9581971.jpg


老君山の散策路、石積みされた立派な遊歩道
f0115214_9575349.jpg



雲南省と東チベットのベトニキフォリア、似たような写真があったので比較してみます
花はどちらも違いがないように思われます
一番花の下の花茎のでかたが違う?
雲南省のけしは毛が少ない
他にふたつを違う種とする何かがあるのでしょうが同じ種と言われてもおかしいとは思えません

M・ベイリーと改名された東チベットの青いけし
f0115214_1052185.jpg


晴れてM・ベトニキフォリアと再認定された雲南省の青いけし
f0115214_10713100.jpg

[PR]
12年間に渡り、中国奥地やチベットなどに出向いて、この目で確かめてきた青いけしについてまとめて見ようと思います。
青いけし、メコノプシスの解説ではありません。
何十年もあこがれ続けてやっと出会った私の青いけしへの想いです。
おつきあいくださればうれしいです。


↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb


メコノプシス・ベトニキフォリア2


2,005年に訪れた東チベットでベトキフォリアの他に、つぼみがまだ開かないM・プライニアナを見た。これはキングドン・ウォードが見つけて新種と発表されたものだという。
やさしい水色の花をどうしても見たかった。
2,006年7月5日、再び東チベットを訪れた。
今回はテント泊をしないでパーイーのホテルに宿泊しながら青いけしを見に行く。
日程も前年より2日ほど短縮している。
旅先でなかなか眠れない私にとって旅は短いほど助かる。
出発日の18日の違いがどう花に影響しているか、大きな期待を抱いての旅だった。
早速、良い結果が現れた。
最初に寄ったテモ・ラ峠ではメコノプシス・ホリドゥラが咲いていた。
青海省でも見ていたが、標高が高い分、花の色がさらに深くて背丈も小さかった。
セチ・ラ峠では念願のプライニアナとスペシオサがしっかりと咲いていてくれた。
(これらについては後に記す)
おまけに、局所でしか見られないレウム・ノビレもニョキニョキと伸びていた。
ではベトニキフォリアは・・・?
見ごろの固体もあったが、花の色があせているものが多かった。
何ヶ所かで観察したが、去年ほどの感動はなかった。
刈り取るほど咲いているという原っぱには行かなかったが、今年もあのオジサン、オバサンは今年も
小遣いを手にしたのだろうか。
いや、彼らにとっては小遣いなどではなくて生活費なのだろうと思う。
まだまだ未開のチベットのことだから、どこかの丘で咲き誇っている青いけしがあるのかもしれない。
誰の目にも留まらず、誰の手にも掛からず・・・。

メコノプシス・ベトニキフォリア再び
f0115214_14574443.jpg


先に咲いた花は子孫を残すため実を結んでいた
バックの青い花はムラサキ科の花
f0115214_1458555.jpg



あこがれのレウム・ノビレ
f0115214_1458381.jpg


ナムチャバルアが美しかった
f0115214_14585684.jpg


前年に訪れたときにポーターを務めた二人(男子)と集落を見下ろす峠で再会
お土産売りをしていた
写真を撮ったら右の女子がお金を請求してきたがムシした
f0115214_14591929.jpg

[PR]
個展のお知らせのためにしばらくお休みしていた「私の青いけし」を再開します。
これからもよろしくです。

12年間に渡り、中国奥地やチベットなどに出向いて、この目で確かめてきた青いけしについてまとめて見ようと思います。
青いけし、メコノプシスの解説ではありません。
何十年もあこがれ続けてやっと出会った私の青いけしへの想いです。
いつまで続くのか分かりませんが、おつきあいくださればうれしいです。


↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb



メコノプシス・ベトニキフォリア1

園芸種として日本でも入手できる青いけし・メコノプシスは、べト二キフォリアを改良したものが主だ。
夏の暑さと湿気に弱い花だが、ここ、蔵王のふもとでも栽培が出来る。
苗を入手して何度か花を咲かせた。
青空の色をした美しい花びらを見せてくれる。
そのベトニキフォリアが自生しているという東チベットを訪れた。
2,005年6月17日〜26日、3泊のテント生活を含む10日間の旅だった。
イギリスのプランタハンター、キングドン・ウォードの歩いた道をたどるというもの。
いきなり標高3,650mのラサから旅がはじまる。
高所順化のためにラサのホテルに1泊。
翌日には標高5,020mのミーラー峠を越えて、チベットのなかでも豊かな緑に恵まれたパーイーに行く。
パーイーから東へ移動、セチ・ラ峠(標高4,515m)を越えて観察基地になるトンパチェへ行き、テント泊をしながらベトニキフォリアを探す。
・・・と、ここまではキングドン・ウォードの何ヶ月にも及ぶ過酷な旅のコースをいとも簡単に車で踏破した。
ガイドは冒険写真家の吉田斗司夫氏、ヒマラヤの花を求めて何度となく訪れている勝手知ったる地。ベトニキフォリアは刈り取るくらいに咲いているという原っぱの近くにテントが張られた。
ここに来る途中の道ばたで10数本の群れを見てきたが、一面に咲き乱れる青いけしとの出会いに、いやがうえにも期待は高まる。
現地スタッフがテントを張っているときに、近くに住むらしい男性が立ち寄った。
ナント!背には刈り取ったベトニキフォリアの束が・・・。
「ウッソ〜!」
思わず叫んでしまった。
1,2輪の花が咲き出したばかりのベスト状態の大きな束。
漢方薬として売れるらしい。
30元(450円)もらえるとか。
翌朝にはゴテイネイにもたった今そこから刈ってきましたというような活きのいい束を抱えた女性が現れた。
我々が買い取ってくれるとでも思ったのかも知れない。
価値観の違いだから・・・と言い聞かせながらも吉田先生をはじめ、ツアー参加者みんなのショックは並大抵なものではなかった。
テント活動1日目は落ち込んだ気分に追い討ちをかけるように雨降り。
合羽を着てブッシュの影などで難を逃れた青いけしを探した。
2日目はキングドン・ウォードも歩いたというというテモ・ラ峠(標高4,270m)への道をたどってベトニキフォリアなどを観察した。
一面のベトニキフォリアには出会えなかったが、咲き始めの初々しい固体が至る所で見つかった。
意外なことに、1〜2mにもなるベトニキフォリアは川のほとりなど、水はけは良いが湿気の多い場所を好んでいた。
背を高く伸ばすにはそれだけ水分を必要とするのではないかと思った。
この旅で1本の茎に1個の花をつけるシンプリキフォリアと、黄色い花のインテグリフォリアにも出会えた。
が、寝不足からくる高山病でギブアップしたときに、青いけしでは珍しく匂いがするスペシオサを見損ねた。
行きも帰りも立ち寄ったテモ・ラ峠ではあと2,3日で開きそうなプライニアナにも心を残した。

メコノプシス・ベトニキフォリアは湿り気がお好き
f0115214_14344633.jpg


f0115214_14343385.jpg


川の中洲にも咲いていた
f0115214_14341248.jpg


刈り取った青いけしを背に得意げなヤツ
f0115214_14335660.jpg


翌朝もまた・・・
f0115214_14333236.jpg

[PR]
↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb



5日間の展示会に大勢の皆さまが訪れてくださって本当にありがとうございました。
災害からまだ日が浅いせいか、マスコミの取材がなかったにもかかわらず、一日中ほとんど途切れることなく訪れていただきました。
義援金用に用意した絵はがきはたくさんご協力頂きました。
切り絵も想像以上にお買い上げいただきました。

絵はがきの売り上げ全額
切り絵の売り上げの3割

合計209,800円を「あしなが育英会」に振り込みました。
皆さま、ご協力ありがとうございました。

小野建具さんの行灯も大好評でたくさん売れたようです。
こちらは小野さんが個人的に義援金に寄付されます。

今回の災害で親を亡くした子供たちが大勢います。
孤児になってしまった子どもはもちろん、片親になってしまった子どもたち。
この子たちの将来に道が開けますように祈っております。

私は片親で育ちました。
親を失った子供たち・・・ひとごとではない思いです。


今回の展示会で青いけしの絵はがきも用意しました。
皆さん、珍しいせいか200枚以上用意したにもかかわらず4日目でなくなってしまいました。

↓スペルバの他にベトニキフォリア、プラッティー、アクレアータなど10種くらいをプリントしました。

f0115214_16131519.jpg

[PR]
↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ

AOIKESI'S HPへは↓こちらからどうぞ
http://web.mac.com/ma3ko/iWeb

只今開催中の展示会は「野の花切り絵展」というタイトルです。
蔵王のふもとに咲く花を中心に描いた切り絵が主ですが、青いけしも切り絵にしています。
他に爪楊枝で描いた絵や青いけしの写真も展示しています。

メコノプシス・ベトニキフォリア
f0115214_8571981.jpg


メコノプシス・スペルバ
f0115214_857464.jpg


メコノプシス・プラッティーのつまようじ絵
f0115214_8565293.jpg


展示会場の様子
f0115214_8563823.jpg


壽丸屋敷・・・大正時代の建物、地震の被害は少なかったです
f0115214_8561362.jpg

[PR]