キャンプ地変更がラッキーな結果に

ブータンの山奥に咲く純白の青いけし、メコノプシス・スペルバに出会う旅
2,009年6月17日〜26日
4日のテント泊を含め、緑濃い山奥で出会った花の数々を中心に綴った旅行記です。
長いおはなしになるかと思いますが、最後までおつきあいいただければうれしいです。

↓こちらも応援いただければ(^ロ^)~~♪

海外旅行ブログランンキングへ




純白のケシ、メコノプシス・スペルバをメンバー全員心置きなく写真に収めました。
午後2時半には第2テント場到着です。
予定ではさらに1時間以上歩いた先のヤクナがキャンプ地でしたが、今年は雨不足で水の確保が出来ないということで、ツォンサーカーと言う標高4,050mの丘陵地にテントが張ってありました。
荷物を整理したらティータイムです。
ザウという米を炒ったアラレ風のおやつがおいしくてたちまち大皿が空っぽ、おかわりが追加されました。
ツォンサーカーには2本の沢が流れ込んでいます。
岩だらけの沢沿いを登って行くと純白のケシが咲いています。
西日を受けて純白のスペルバがさらに輝いていました。
足元には黄色いバイモやウルップソウ、キジムシロの類、アブラナ科の白い花などちょっと歩いただけでも何種類もの花が咲いています。
足場の悪い湿原には吉田先生も初見参という血の色をしたサクラソウのキンギーが固まって咲いていました。
夕方の散策だけでは物足りないくらいの花園でした。
予定地のヤクナまで行っていたらここツォンサーカーのお花畑は十分に楽しめなかったでしょう。
真ん丸虹といい水不足のキャンプ地変更といい、アクシデントが今回の旅をさらに充実させているようなツキを感じました。

ポーターたちはトレッキングがないときは自由時間です。
食事を配ったり、必要なものをテントへ運んだりという雑用はありますが。
第2テント場には早く着いたので彼らには自由時間がたっぷりありました。
そんなとき何をしているか・・・。
非常に熱心に行っていたことは石投げゲーム。
10数m先のへこみに平べったい石を命中させるという単純なゲームです。
いつも静かな彼らが熱くなってはしゃいでいます。
現金をかけているんですね。
いくらかは分からないけど、1回のゲームが終わると勝者にみんながお金を渡していました。
携帯は圏外だし、ipotやニンテンドーゲーム機などなくても十分に楽しんでいる彼らは数十年前の我々の姿でした。



ツォンサーカーの第2テント場
f0115214_1227847.jpg



西日に輝くメコノプシス・スペルバ
f0115214_12284315.jpg



血の色をしたサクラソウ、キンギー
f0115214_122942100.jpg



バイモ
f0115214_1230391.jpg




キジムシロの仲間
f0115214_12314884.jpg



高山性のテンナンショウ
f0115214_12324557.jpg

[PR]
by aoikesi | 2009-09-10 12:35 | ブータン | Comments(0)