北インドヒマラヤ再び−2にアップさせるはずだった写真が残っていました。
と、いうことで今回は追加の写真です。

歴史あるヒンズー教のお寺。中の仏像は撮影禁止でした。
f0115214_13522390.gif

壁面の彫り物
f0115214_13524510.gif

参道(写真がだぶってしまいました。すみません)
f0115214_13531754.gif

屋台(これもだぶり)
f0115214_13533995.gif

[PR]
ロータンパス(標高3980m)フラワーウオッチング1日目。
明け方からの激しいスコールは8時の出発時にはおさまって、穏やかな観察日和になりました。
見覚えのある景色の中をバスは標高を稼いで走ります。
3400m付近から青いけし、メコノプシス・アキレアータの姿が現れてきました。車窓からでも見つけられます。3週間遅い出発は間違いではなかったようです。
撮影のためバスは何度もストップしてくれます。
その度に花の前には行列ができるという面白い現象が起きるのは、フラワーウオッチングツアーの特徴でしょうか。
ちょっと嫌気がさして、ひとり奥まで足を伸ばしてみました。
イブキトラノオの群落を撮影しようと岩をよじ登ったとき、足下にブルーの固まりを見つけました。
透き通るような夏空色のブルーポピーです。花びらの付け根にかすかに桜色が入っていて、それはそれは美しいメコノプシス・アキレアータです。
しばらく見とれていました。この色が見たいがために、効率の悪いインドに足を運んだのですから。
「時間ですよ〜」の声に後ろ髪を引かれる思いでその場を離れました。
昼食はロータンパスの草原で青空ランチです。配られたランチボックスには手をつけずに、日本から持参したレトルトのおかゆにシャケのふりかけをかけて食べました。下痢は治まったものの朝食も抜いたので、ひさしぶりの日本食が体中にしみわたりました。

メコノプシス・アキレアータ
この色が見たくて2度もインドに足を運んだ。
f0115214_14413973.gif
f0115214_14453676.gif

これほど花数が多いメコノプシス・アキレアータは珍しい
f0115214_14482898.gif

ほとんどのメコノプシス・アキレアータは岩をバックに咲いている
f0115214_14485314.gif

藤色のメコノプシス・アキレアータ
f0115214_14492266.gif

ワインレッドのメコノプシス・アキレアータ
f0115214_14495556.gif

[PR]
インドはなぜか犬がやたら目につきました。野良犬らしくちょっとこわい。

f0115214_14404211.gif

マンディーのホテルから早朝の光景。女性たちの洋服の色がすてき!
f0115214_14413327.gif

ランの花、に見えるでしょ。これがショウガの仲間なんです。
f0115214_14444692.gif

派手なヒンズー教のお寺。タチアオイの通路を進む。
f0115214_14503177.gif

仏像まで派手
f0115214_14512782.gif



寺院への参道。サフラン売りの子どもたちに囲まれました。
f0115214_16205955.gif

シャイな売り子さん。
f0115214_16224455.gif

[PR]